クリエイティブリンク2020
わかまつり2021
株式会社curioswitch
東京の品川が「和歌の聖地」ということをご存知でしょうか?江戸時代を代表する国学者兼歌人の賀茂真淵が東海寺に眠っているのです。今日、交通標語などで生活に溶け込んでいる「五七調」が日本人のDNA的リズムになっているの真淵の貢献に他なりません。しかし、「五七調」のルーツ「和歌」を理解する機会はそう多くありません。本イベントでは、奥深い和歌の世界を満喫できる豪華プログラムを3つ用意しました。
2021年8月28日(土)・8月29日(日) (両日共に11時~18時)
天王洲キャナルサイドB&C HALL 2F特設会場
品川区東品川2-1-3
賀茂真淵が眠る品川区は和歌と深い関わりがあります。区の歴史資源を活用し、新たな魅力を国内外に発信するために和歌をテーマにしたイベント「わかまつり」を企画しました。和歌を様々な切り口の楽しみ方を、各界のエキスパートがお届けする本邦初・和歌の祭典です。
■8月28日(土)
11時~12時半:和歌の披講
13時~15時:和歌とお茶会
16時~17時半:和歌とかるた

■8月29日(日)
11時~12時半:和歌とかるた
13時~15時:和歌とお茶会
16時半~18時:和歌の披講
①和歌の披講②和歌とかるた:各回50名
 ※感染症対策として各回25名にする場合があります。
③和歌とお茶会:事前予約制で各回10名、1日3回
対象:品川区民をはじめご関心の皆様だれでも
お茶会のみ1名2,000円(税込)
①和歌の「披講」と平安時代装束のワークショップ
宮内庁式部職披講会、黒田装束店
②競技かるたのエキシビションマッチとトークイベント
「結びつくかるた会」会長 西崎良、シンガーソングライター せりかな、声優 木本景子、暁星中学高校競技かるた部顧問 田口貴志、漫画「ちはやふる」原作者兼「ちはやふる基金」理事 末次由紀(ビデオ参加)
③お茶会
遠州茶道宗家13代家元次女 小堀宗翔、オリンピアンサッカー元日本代表石川直宏選手他、虎屋
予約及び販売サイト:https://wakamatsuri.peatix.com/
※小学生以下は保護者同伴必須。
※保護者分も含めて予約又は購入が必要となります。
※全プログラム当日枠を設ける予定です。
※新型コロナウイルス感染状況により当日枠が無くなる場合があります。