クリエイティブリンク2020
TOKYO CANAL LINKS 2019
ーART FOR THE PEOPLEー
TOKYO CANAL LINKS実行委員会
運河が架け橋となるアートプロジェクト
大人・社会人のためのプログラムを4回実施。各回題材やテーマを変えて、プログラムを行います。アート界の第一人者や独特のアートの楽しみ方を提唱するビジネスパーソンなど、多彩で豪華なゲストを招きます。
TENNOZ CANAL EASTエリアの施設(品川区東品川2-1-3)
2,500円(予定)
出演者や内容については、公式WEBやSNSをご確認ください。
申し込み方法については、公式WEBやSNSをご確認ください。
第1回 ビジネスXアートの最前線を解剖する①
2019年11月12日(火)19:00-20:30
72名
無料
山口 周(独立研究者/著作家/パブリックスピーカー)
綿江彰禅(一般社団法人芸術と創造代表理事)
佐藤 守(アクセンチュア株式会社/デジタルコンサルティング本部シニア・マネジャー)

プログラムに関するお問い合わせ
https://h-media.jp/event/20191112/
第2回 ビジネスXアートの最前線を解剖する②
2019年12月19日(木)19:00-20:30
72名
無料
岡田 光(株式会社トランジットジェネラルオフィス/常務執行役員 最高顧客責任者)
田中壮一(JR東日本/技術イノベーション推進本部 MaaS事業推進部門 課長)
坂本維賢(パナソニック株式会社/イメージングBU ブランドプロモート室長)
太田睦子(『IMA』エディトリアルディレクター)

プログラムに関するお問い合わせ
https://h-media.jp/event/20191219/
第3回「アートをビジネスマネーに変えていくということ」(仮)
2020年1月開催予定

アート市場の成長が問われる日本の現状で、アートそのものを“ビジネス”にすることはできるか。アート事業を起こしている企業のマネタイズメソッドを探ります。
第4回「変わりゆく、企業のアートへの姿勢」(仮)
2020年2月開催予定

アートやアーティストへの支援としてメセナ活動を行う企業は、どのような方針のもとその取り組みを選択したのか。企業が考える、アートと関係値をつくる意味を解き明かします。